光脱毛を受けるとワキガが酷くなる?脱毛とワキガの関係とは?

光脱毛を受けるとワキガが酷くなる?脱毛とワキガの関係とは?

ワキの下のむだ毛は、初めて脱毛する部位として選ぶ方も多いでしょう。

 

キャンペーンで格安になっているところもあるので、脱毛初心者にとってはチャレンジしやすい部位ですね。

 

ですが光脱毛を受けるとワキガが酷くなる、という噂があるので不安という方もいるようです。

 

脱毛するとワキガが酷くなる?

 

結論から言うと、光脱毛によってワキガが酷くなることはありません。

 

というのも、そもそもむだ毛の成長とワキガの原因はまったく関連性がないのです。

 

むだ毛は毛根組織にある毛母細胞が分裂することで成長します。

 

ワキガは、アポクリン汗腺から出る汗を雑菌が分解することで発症します。

 

光脱毛では毛根組織にターゲットを絞ってダメージを与えますが、その過程でアポクリン汗腺に影響を与えることはありません。

 

ですので、光脱毛をしたからといってワキガが酷くなるということはないのですね。

 

ワキガが酷くなると言われる理由

 

ワキガの原因となるアポクリン汗腺と光脱毛には何の関係もありません。

 

それでもワキガが酷くなったと言う口コミがあるのは事実です。

 

こういった口コミがある理由は以下のことが考えられます。

 

  • ワキ脱毛のせいで汗の分泌量が増えた
  • 脇汗が増えてニオイがきつくなった
  • 制汗剤などと汗が混ざって異臭がする

 

このように感じる方が多いことが、光脱毛=ワキガが酷くなるという意見につながっているようです。

 

しかし、ワキガと同じくワキ脱毛をしたからといって脇汗が増えることはありません。

 

ですがワキ脱毛をして肌がつるつるになると、汗がするっと流れます。

 

ワキ毛が生えていれば、ワキ毛に汗が引っかかって溜まるので流れませんが、ワキ毛がなくなると流れるので汗の量が増えたように感じるのです。

 

そのため、脇汗が増えた=ワキガが酷くなる=光脱毛と思い込む方が多いのかもしれません。

 

ちなみに、光脱毛をしたらワキガが治ったと言う口コミもありますが、これも気のせいでしょう。

 

ただワキ毛がなくなることで汗が溜まらなくなったり、清潔にしやすくなるので雑菌の繁殖を抑えられます。

 

ですので、間接的には、光脱毛をするとワキガの緩和につながると言えるかもしれませんね。

大学生におススメの脱毛サロン