SHR脱毛の歴史、何をきっかけに脱毛に採用されるようになったのか?

SHR脱毛の歴史、何をきっかけに脱毛に採用されるようになったのか?

従来の光脱毛に代わり、蓄熱式脱毛とも言われるSHR脱毛を採用する脱毛サロンが増えています。

 

ただ、名前は知っていると言う方でも、SHR脱毛の歴史は知らないのではないでしょうか。

 

ここでは最新式の脱毛法となるSHR脱毛が採用されたきっかけなどをご説明します。

 

SHR脱毛のターゲットとなるバルジ領域の発見

 

SHR脱毛が発見されたのは、実は育毛研究がきっかけとなっています。

 

育毛の研究では、髪が成長する仕組みを徹底的に調べ上げていきます。

 

その中で、ずっと謎とされていたのが、髪の原料となる毛母細胞に栄養を与える毛乳頭の存在です。

 

髪の成長が止まり、休止期に入ると毛乳頭は一度なくなります。

 

それがどのように生成されて、毛母細胞に栄養を与えるようになるのか、この仕組みを解くことは育毛をする上で必須でした。

 

そしてようやく発見されたのが、バルジ領域にある毛包幹細胞が発毛因子を作り出すという構造だったのです。

 

育毛ではバルジ領域を活性化することで発毛を促せることが判明しました。

 

逆に、脱毛の観点からいうと、バルジ領域の働きを低下させることで発毛機能を低下させることが判明したのですね。

 

SHR脱毛の歴史はどれぐらい?

 

発毛を促す機能にダイレクトにアプローチをするSHR脱毛は、どんなタイプのムダ毛にも脱毛効果があると言われています。

 

また、痛みもほとんどなく肌にも優しいなどメリットがたくさんあります。

 

ただしバルジ領域が発見されたのは2,000年ごろなので、かなり歴史が浅い脱毛法です。

 

歴史が浅く、従来の光脱毛とは仕組みが違うためデメリットもあります。

 

  • 症例数が少ない
  • 脱毛効果の持続性が不透明
  • 導入している脱毛サロンが少ない
  • 効果が実感できるまで時間がかかる

 

脱毛の仕組みはとても優秀なSHR脱毛ですが、脱毛法として採用されてからの期間が短いというのがネックになっています。

 

メリットとデメリットを比べると、デメリットの方が気になるかもしれません。

 

しかしアメリカの研究機関では脱毛効果が認められています。

 

現時点で施術を受けた人からのクレームもないので、これからは光脱毛に代わってSHR脱毛が主流になっていくでしょう。

大学生におススメの脱毛サロン