ワキ脱毛すると色素沈着が無くなるメカニズムとは?

ワキ脱毛すると色素沈着が無くなるメカニズムとは?

ワキ毛は、脱毛するまでは毛抜きやカミソリで処理をするのが一般的です。

 

こういった処理方法は肌へのダメージが大きいため、メラニン色素が生成されることで色素沈着が起こることがあります。

 

ワキの黒ずみはワキ毛と同じように恥ずかしいものですが、ワキ脱毛をすれば色素沈着もなくなる可能性があるのです。

 

ワキ脱毛で色素沈着がなくなるメカニズム

 

ワキ脱毛をすると、自己処理の必要がなくなります。

 

自己処理をしなくなることでダメージが軽減されると、以下の効果が期待できます。

 

  • メラニン色素が生成されなくなる
  • ターンオーバーが活性化される
  • 古い角質と一緒にメラニン色素が排出される

 

色素沈着を改善するには、メラニンの生成を抑えることと排出することがポイントになります。

 

ワキ脱毛はこれらのポイントをすべて押さえいるので、メラニンを作らず沈着している色素を排出するメカニズムで色素沈着を解消していきます。

 

またワキ脱毛で使用する脱毛機の種類によっては、美白効果も期待できるので、白く美しい仕上がりになるのですね。

 

色素沈着していても脱毛できる?

 

日焼けをしていたり大きなほくろがあったりすると、脱毛の施術を断られてしまうことがあります。

 

これは、光脱毛の光が日焼けやほくろのメラニン色素にも反応するからです。

 

光がメラニン色素に吸収されると、高熱が発生します。

 

そのため、皮膚に目立ったメラニン色素があると施術ができないのです。

 

しかしSHR脱毛など、メラニン色素がほとんど関係ない脱毛法であれば施術できます。

 

この脱毛法は、バルジ領域に熱を蓄熱させて、発毛機能を低下させる仕組みです。

 

ですのでメラニン色素のせいで皮膚に高熱が発生することはありません。

 

もちろんこの脱毛法でも色素沈着改善効果が期待できるので、黒ずみに悩んでいる方は一度相談してみるといいですね。

 

ワキが黒ずんでいると、不衛生な印象を与えてしまいます。

 

ワキ脱毛をすれば、ムダ毛の悩みに加えて色素沈着の悩みも解消できますから、人目に触れても恥ずかしくない脇の下を仕上げましょう。

大学生におススメの脱毛サロン