全身脱毛に顔やVIOを入れないサロンが多い理由とは?

全身脱毛に顔やVIOを入れないサロンが多い理由とは?

全身脱毛というと、体のムダ毛はすべて脱毛できるイメージがありますね。

 

ですが、ほとんどのサロンで顔やVIOは全身脱毛に含まれていません。

 

全身脱毛なのに、なぜ顔やVIOを入れないサロンが多いのか、その理由をご説明します。

 

普通の脱毛では産毛への効果が低い

 

顔の脱毛というのは、産毛にも対応している施術が必要となります。

 

基本的に、普通のムダ毛に対しては、メラニン色素に反応して熱を発生させて脱毛をする光脱毛を行います。

 

現時点では光脱毛がもっとも効率よく的確にムダ毛を脱毛出来る施術となっています。

 

ただし、光脱毛はメラニン色素が薄い毛には反応が鈍くなるため、顔脱毛には効果が出にくいのです。

 

全身脱毛では、全身を1度に施術するか、もしくは上半身と下半身に分けて施術を行います。

 

そのため、顔だけ違う施術を行うことができないのです。

 

もし顔の産毛に合わせた脱毛法で全身脱毛するとなると、施術回数も多くなり、効果が出るまでの期間が長くなってしまいます。

 

ですので顔脱毛を含まないサロンが多いのですね。

 

毛周期に合わせた施術ができなくなる

 

脱毛は毛周期に合わせて施術をするため、2ヶ月から3ヶ月という長いスパンで行います。

 

毛周期に合わせて施術をすれば、ムダ毛がしっかり成長しているので効率よく脱毛が進みます。

 

つまり1回施術を受けると、次は数ヶ月先になるのです。

 

そこでVIO脱毛を入れてしまった場合、数ヶ月先の予約日が生理に当たる可能性があります。

 

生理中はVIO脱毛はできません。

 

前述したように、全身脱毛は1度で広範囲の施術を行いますから、VIO脱毛ができないとなると予約をずらす必要があります。

 

予約がずれるということは毛周期に合わせて施術ができなくなり、効果が出にくくなってしまうため、VIOは全身脱毛に入れないのです。

 

ただし、すべての脱毛サロンが顔やVIOを全身脱毛に入れていないわけではありません。

 

最新の脱毛器は、顔やVIOの問題点をクリアしているものもあり、全身脱毛に入れるお店も増えています。

 

ですので顔やVIOもまとめて脱毛したい方は、カウンセリングで相談してみるといいですね。

大学生におススメの脱毛サロン